ハートツリー株式会社

コラボレーション:東京アパッチ

コラボレーション:東京アパッチ

コメント

我々のチーム名である『東京アパッチ』は、アメリカの先住民族である『アパッチ族』にその由来があります。先住民族は自然と共存し、豊かな自然を子孫に残すべく自然をとても大切にしてきました。我々もその名を名乗る以上、今の自然をこれ以上破壊することのないよう努力する義務があります。
そのひとつの方法として、東京アパッチは『Heart Tree Project』に参加致しました。
「save the earth」と言うと、とても大きな問題で無力に感じてしまうかもしれませが、1人1人が少しずつでも力を合わせれば、それはとても大きな力になるはずです。
まず、自分でできることから始めてみませんか。
ゴミのポイ捨ては、自分の部屋にゴミを捨てているのと同じと考えてください。道に唾を吐くことは、自分のMother(Mother Earth)に唾を吐いているのと同じと考えてください。この地球がなかったら、我々はここに存在していなかったし、我々の子孫も存在することはできないのです。

『東京アパッチ×Heart Tree Project』チケットをご購入いただくと、売上の一部で東京アパッチのホームタウンである東京都内の小学校に木が植えられます。東京アパッチとBooster(ファン)のみなさまの自然に対する想いが、木という形になり、そして何十年と残っていく。みんなで力を合わせて、未来のこどもたちに緑のある環境を残していきましょう。

bjリーグ 東京アパッチ ヘッドコーチ
Joe Bryant (ジョー・ブライアント)

植樹の状況

江東区立第六砂町小学校校庭にて(東京都江東区)

東京アパッチヘッドコーチ、ジョーブライアントさんをはじめ、選手4名、山ア江東区長、坂下校長、生徒66名の皆様と「カリン」を5本校庭に植えました。

環境リレーションズ研究所により植樹(熊本県球磨郡球磨村)

NPO法人環境リレーションズ研究所により、熊本県球磨村の、森林伐採が深刻な森を再生するための植樹に参加しました。

ジョー・ブライアント

ジョー・ブライアント

植樹の状況

場所

人数

本数