ハートツリー株式会社

PaPaCo YOSHINO

想い

森の国、日本。
林業発祥の地、吉野。

これまで捨てられていた杉や檜の端材・間伐材をつかって、「おもちゃ」をつくるプロジェクトがスタートしました。

手触りや香りで森を感じて、遊んでいるうちに、クリエーティビティが高まっていくおもちゃたち。

自然を守ろうと、何度も言うよりも、まず、森や自然を好きになってもらうことが大切だと思うから。
木工作家やデザイナーたちとアイデアを出し合い、新しい発想でプロダクトを発表していきます。

第一弾は、「きのかみ」「つみき」「どうぶつのドミノ」の3つ。
これらはすべて無垢にこだわっています。

無垢材には、こどもたちの五感を刺激します。
香り。
手触りや軽さ。

一つとして同じものがない、木目の美しさ。
そして、木と木がふれあう音。

すべて無垢だからこそ感じられる日本独特の感覚です。
塗装してない分、傷つきやすいのですが、むしろ、それらは想い出に変わっていったらいいなと考えています。
「柱のキズはおととしの、五月五日のせいくらべ」と歌われたキズのように 。
そして、こどもたちが、日本の木を大好きになってくれたら、こんなに素敵なことはありません。