YosihnoHeartプロジェクト

HOME | PRODUCTS | YoshinoHeart

吉野の森と森林を守る
「Yoshino Heart」プロジェクト

吉野の美林

間伐の作業を行った際に伐採される木材を間伐材といいます。これらの木材は成長過程において伐採されたものですが、品質には全く問題がありません。したがって、わざわざ木を切り倒して加工する木材より、間伐により発生した木材=「間伐材」の利用がより地球に優しいと言えます。
 
日本が誇る伝統の木材ブランド「吉野杉」、「吉野桧」の産地である吉野地方は、日本三大人工美林のひとつにも数えられ、大阪城や伏見城の建築材として採用されるなど、古くからその品質の高さを認められてきました。
その間伐材を活用することにより、
 
1 吉野の林業関連産業の活性化
2 森林の整備を通じたCO2吸収による地球環境保全等
 
をめざし、活動を続けるのが、Yoshino Heartプロジェクトです。
吉野材を利用した製品に冠する「Yoshino Heart」というブランドの普及を通じて、吉野材の利用を促進することにより、吉野の森に健全な育林サイクルを取り戻し、森林の整備とそれによるCO2吸収量の増加、そして吉野地域の林業関連産業の活性化を推進するための活動です。
このプロジェクトの収益の一部は植樹や間伐等の森林整備に役立てられます。
 

間伐材とは間伐材とは

吉野3.9ペーパー

間伐材をあますことなく活用するため、紙への利用を考えた以下の特徴をもったシステムです。
(1)国産材を効果的に流通させる。
(2)コストを最小限に抑える。
(3)商品を使用することで、森林管理者への支援となり、森林の再生につながる。
(4)森のCO2吸収量が増える。

吉野3.9ペーターの仕組図

事例

3.9ペーパー
南都銀行様
ディスクロージャー誌、ポスター等

  3.9ペーパー
  大和ハウス工業(株)様
  ポスター、リーフレット等

3.9ペーパー
CDジャケット(紙ジャケット)
「和楽器でジブリ!!」

PaPaCo YOSHINO(パパコ  ヨシノ)
吉野材を使用した木のおもちゃを展開。「きのかみ」「どうぶつのドミノ」「つみき」
【きのかみ】は別途、A4サイズや大小2サイズ入りのオリジナル商品としても展開。

吉野材を使った「暮らしの道具」デザインコンペ
吉野材の新たな利用方法を確立するため、デザインを一般募集。実際に吉野材を使用し、試作品を製作し審査。(主催:奈良県)

アド箸
ナチュラルローソンにて配布する割り箸のパッケージに広告を掲載し、広告費の一部で間伐の費用をまかなうことで、森林の手入れを促進

まな板
SHARE THE LOVE for JAPAN イベント用

木の箸セット
南都銀行様 ノベルティとして

お問い合わせタイトル

ハートツリーへのお問い合わせはこちらから

 
ハートツリーへのお問い合わせハートツリーへのお問い合わせ